貿易事務の転職なら転職サイトを活用【お得に情報収集できる】

有能な人材を引き抜く

HEADHUNTING

特徴と注意点

ヘッドハンティングとは、経営者、経営幹部、それに準じるミドル層などの有能な人材を自社に引き抜くことをさします。アメリカや欧米ではよくある採用形態ですが、日本において行われるようになったのは2000年代に入ってからだといわれています。日本では終身雇用制度が長く当たり前だったので、ヘッドハンティングで転職するということに抵抗を感じる人が少なくなかったのも理由の一つです。ですが転職してキャリアアップしていくことが当たり前になった昨今ではヘッドハンティングの動きも活発になっています。ヘッドハンティングをする目的は有能な人材を自社に引き入れるということです。募集をかけて、応募してきた人材を面接し、採用して教育するということには膨大な手間とコストがかかります。それよりも他社で活躍している人材を引き抜いた方が手っ取り早いのです。特に幹部クラスの人材やミドル層に対して非常に有効であり、次期経営者としての人材をヘッドハンティングするということもよく行われています。ヘッドハンティングはヘッドハンターと呼ばれる引き抜き専門のプロが行います。対象となりうるような人材を探し、調査し、交渉するという一連の流れを行います。近年はヘッドハンティングが活発になったことから、専門の仲介会社も増えてきています。ですがそれに伴い、詐欺やトラブルも増加傾向にあるので、万が一スカウトされたとしても慎重に動かねばならないといえるでしょう。