貿易事務の転職なら転職サイトを活用【お得に情報収集できる】

転職とその方法

ヘッドハンティング

提示条件と実力

転職などを考える際、そのきっかけの1つとしてあるのがヘッドハンティングである。ヘッドハンティングは、その人の能力や実績などから他社が欲しいと思う人材に対してアプローチが行われる方法である。ヘッドハンティングでは、企業側が入社を望んでいるため、好条件で転職できる傾向がある。通常の転職活動では、働く側が入社する企業を探し、面接などを通じて採用が決められる。しかし、ヘッドハンティングでは、年収や役職など事前に提示されそれで納得できる場合には移るという流れが一般的である。ヘッドハンティングでの転職においては、注意点もいくつかある。まずは、転職先での仕事内容や役職が自分の実力に見合ったものであるかを十分に検討する必要がある。ヘッドハンティングを行う会社側は、即戦力として期待しているため、転職後には直ぐに成果を求められることも多い。その為、自分の実力に合っていない場合には期待外れとなってしまうこともある。転職先の企業で実力を発揮できるかを十分に考えることや、実力に合った待遇であるかを考えることがポイントになる。また、ヘッドハンティングを仲介している業者についての確認も重要である。これらの業者では相手企業からの仲介料で利益を得ている業者が通常である。その為、信頼性の無い業者の場合には、自社を退職後、相手の企業に入社できないなど問題が生じるケースもある。信頼できる仲介業者であるかについても、確認して決めることが必要である。